備後撚糸株式会社の公式ブログサイト

ファッション雑誌のOCEANS誌に掲載されました。

ファッション雑誌のOCEANS誌に掲載されました。

サステナ服通信 Vol.15

和紙から生まれた“紙糸”の機能性と可能性を追求

サステナブルかつ肌に優しい素材として、ウールやコットンといった天然繊維が再評価の兆しを見せている。そんな状況の中、近年注目を浴びている素材のひとつが紙。そして、その紙の機能性を十分に引き出した服を作っているのが、ワクロス エッセンシャル(以下ワクロス)である。…

サステナブルな服作りは職人の技術にも影響を与える

「私は撚糸を、“糸のお見合い”と呼んでいるんです。どの太さの糸を選ぶか。1インチ間に何回撚りをかけるのか。右に撚るのか左に撚るのか。どのくらいテンションをかけるのか。無限の組み合わせのなかからベストを探し出していくのが、撚糸屋の醍醐味なんです」

広島県福山市芦田町。この山間の町で95年にわたり操業を続ける「備後撚糸」の代表取締役、光成明浩さんの言葉である。…

OCEANS誌(2022年6月24日発売号)掲載
OCEANS誌 サステナ服通信 Vol15 記事内容